ブログ

2024年1月16日

囲炉裏のあるゲストハウス

別荘の離れですが、3.5間×3.5間の平面。
和室2室、キッチン、WC、玄関の構成で、コンパクトな別荘同等の大きさがあります。

構造材も全て手刻みで造った「木組みの家」アレンジバージョンです。

お施主様のご希望は、南アルプスを眺めながら落ち着いた時間を過ごせる空間でした。

おしゃれ心もある庵(いおり)をイメージし、囲炉裏を中心に、現代的な和の空間に仕上げました。

仕上げは、外壁:ウエスタンレッドシーダー縦張り。
内装は、勾配天井:杉、壁:珪藻土塗り壁に杉の腰壁、床:杉。

外構工事も当社の一体施工です。

2024年1月16日

展望風呂のある離れ

「囲炉裏のある家」の別棟。
雄大な南アルプスの山々を眺めながら湯に浸かることのできる造作の展望風呂と、屋根裏にはハシゴで上がる読書室を備えた離れ。

読書室は、オーナーが静かな時を過ごすお気に入りの空間です。

仕上げは、外壁:チャネル・サイディング(ウエスタンレッドシーダー縦張り)+人工石。
内装は、床・壁・天井とも水に強いウエスタンレッドシーダー。

2024年1月16日

平屋の住宅

LDK+2寝室の平屋の住宅。

外壁仕上げは、キムラ工房でも建築例の多いウエスタンレッドシーダーの横張りに見えますが、窯業物のサイディング(商品名:東レのラップサイディング)です。

一般的な防火サィデイングは面で張っていきますが、ラップサイディングは木材のように、一枚一枚張っていきます。
木材のように見えながら、防火性能や耐候性能、防汚機能が高く、メンテナンスにも手間がかからない特性があります。

内装仕上げは、勾配天井、内壁、床、全て「八ヶ岳赤松」です。

お施主様は、システムキッチン、ユニットバス、WC、玄関ドア、下駄箱等、「木組みの家」の標準仕様から選ばれました。
内部を桐で仕上げた収納も、標準仕様です。

2024年1月16日

アトリエのある住宅

大屋根と片流れを組み合わせた、屋根付きデッキのある「木組みの家」スペシャルバージョン。
ご自宅で仕事をされるご夫婦のための、アトリエを兼ねた住宅です。

建物1階の西側半分は、お二人のアトリエ、エントランスホールなどオフィシャルなスペース。
東半分は、リビングなどプライベートなスペースと位置付けたプランです。

東半分には、ロフトタイプの2階があります。

外壁仕上げは、ベベルサイディング(ウエスタンレッドシーダー横張り)。

内装は、 1階は全室、珪藻土塗り壁の仕上げ。
2階は、ホールと洋室はパイン横張り、和室は珪藻土塗り壁の仕上げです。
床は、いづれも赤松。

浴室は、ハーフユニットの造作浴室。浴室内壁は、無節のヒノキの仕上げです。

2024年1月16日

子育て世代の市街地の住宅

「木組みの家」総2階タイプ。若いご夫婦のための住宅です。

外装は、玄関廻りをウッド調のサイディング、全体をストーン調のサイディングで仕上げました。
2階には、屋根付きの大型バルコニーを設けました。バルコニーの手すりは、ポリカーボネイトを用いた大工さんの造作です。

1階中央部には、お施主様の趣味の部屋・防音音楽スタジオを組み込んだプラン。
スタジオは、家の中央に配置することにより、外部に対してほぼ完全に防音しています。 内装仕上げには、ウエスタンレッドシーダーのラフ面を表に用いて、音の反射を押さえるとともに、共鳴を押さえています。
出入り口、窓には防音性能の高い樹脂サッシを用いました。

主な内装仕上げは、床:赤松、壁:パイン腰壁に珪藻土クロス。
キッチンの床はメンテナンス性を考慮し、ホモジニアス・タイルを用いています。

メイン暖房は、サーマ・スラブ(地中蓄熱式輻射床暖房システム)。
エントランス、庭も当社の施工です。

2024年1月16日

仕事場も兼ねる大屋根の別荘

「木組みの家」以前に建築した事例ですが、「木組みの家」の基となった家の一つです。

別荘ですが、こちらの家でもお仕事をされるため、寝室、浴室などプライベートな空間は2階に集め、1階はお客様を迎えることを前提としたプランです。

4間×4間半の比較的コンパクトな建物ですが、浴室・洗面所を2階に設けたことや、大きな吹き抜け、キッチンも階段下の一部を利用するなどの設計で、1階LDKは、 22.5畳の広さを確保しました。和室も、建具を開けるとLDKと連続した空間になります。

1階は、LDK、和室、玄関、お客様の利用も想定したWC+洗面所の構成。2階は、寝室、浴室、洗面脱衣所、WCに加えて、ご主人の書斎、家事室を設けたプランです。

外壁仕上げは、防火サイディングに人工石+付け梁(はり)・付け柱。
主な内装仕上げは、内壁:桐、勾配天井:桐、床は、1F:オーク、2F:桐。1階天井は、石膏ボードを水性ペンキの白での塗装です。
浴室は、ヒノキの内壁仕上げの造作、キッチン、洗面化粧台(1F・2F共)も造作です。

メイン暖房は、サーマ・スラブ(地中蓄熱式輻射床暖房システム)。

2024年1月16日

キムラ工房標準仕様の別荘

「木組みの家」大屋根タイプの別荘。

1階:DK+半独立タイプのキッチン、和室、浴室等、2階:2寝室とホールの構成です。

外壁仕上げは、防火サイディングに化粧の梁と柱。玄関周りは、チャネルサイディング(ウエスタンレッドシーダー縦張り)で仕上げました。

内壁は、1階・2階ともパイン横張りですが、和室は桐と珪藻土クロスによる仕上げです。
LDKと和室との間の引戸は、和室の柔らかな雰囲気を損なわないよう、和室側は珪藻土クロスを貼って仕上げました。

また、寝室となる2階洋室は、床を足ざわりの柔らかい桐のフローリングを施工しました。

2024年1月16日

自然の中のクリエイティブハウス

「木組みの家」大屋根タイプ。IT企業の保養所。
研修だけでなく、住宅にも十分対応するプランです。

1階は、LDK+玄関(LDKと同室)、和室、浴室・洗面所・WCの水回り。2階は、洋室2室に、吹き抜けに面したホール、WCk(2ケ所)の構成です。

LDKは、中央に大きな吹き抜けを設けた、開放的な空間です。
お施主様は、木の質感やキッチンの赤い色であたたかな雰囲気を出しながら、カーテンなどのインテリアはシャープなデザインを選ばれ、 IT企業の保養所らしい現代的なセンスの空間に仕上がりました。

仕上げは、外壁:ベベルサイディング(ウエスタンレッドシーダー横張り)、内装は、勾配天井、内壁、床、全て「八ヶ岳赤松」です。

2024年1月16日

訪れる人をやさしく包み込む大屋根の家

大屋根の家のアレンジ。建物西側は、勾配天井の大きな吹き抜けになっています。

建物北側には屋根付きの駐車場を設けました。

1階は、LDK、洋室、浴室等水周り、2階はホール、2洋室にWCの構成です。

お客様を迎えることの多いお施主様のご要望で、WCは、1階、2階とも、スペースを広く取り、その中に洗面化粧カウンターを組み込んだ パウダールームの造りになっています。

仕上げは、外壁:ベベルサイディング(ウエスタンレッドシーダー横張り)。
内装は、勾配天井、内壁、床、全て「八ヶ岳赤松」です。

2024年1月16日

犬と暮らす 大屋根の家

内壁を塗り壁と腰壁で仕上げた大屋根の住宅。
建物北側には屋根付きの駐車場を設けました。

1階は、LDK、納戸、浴室等水周り、2階はホール、2洋室にWCの構成です。

室内飼いの大型犬による内壁の傷みを防ぐため、腰壁の高さは、1.2mと、通常の90cmよりも30cm高くしました。

仕上げは、外壁:ベベルサイディング(ウエスタンレッドシーダー横張り)、内壁:珪藻土塗り壁+腰壁(ウエスタンレッドシーダー)、 勾配天井:ウエスタンレッドシーダー、床:赤松。

また、床、腰壁、建具等は、オイルステインで塗装しています。

メインの暖房は、サーマ・スラブ(地中蓄熱式輻射床暖房システム)。

PAGE TOP